梅田で浮気や不倫に使われている観光スポットはどこ?の詳細

> 梅田で浮気や不倫に使われている観光スポットはどこ?

梅田で浮気や不倫に使われている観光スポットはどこ?

梅田で浮気や不倫をしている人は、いったいどのような場所に行くのかを紹介していきます。観光地もあれば地元でも有名なスポットなどバリエーションは豊富ですが、有名な場所だからこそ見つかりにくいというメリットもあるのです。

実際に自分で浮気現場を押さえようとする人も少なくありませんが、そのためにはどういう場所があるのかを知っておいてください。

ショッピングモールのルクア

梅田で浮気・不倫相手とのデートによく使われるのは、ルクアです。大阪駅直通のショッピングモールなので多くの人が利用しており、その中から対象を探し出すのは至難の業と言えます。

偶然誰かと会うことはあっても、実際にそこで人探しをしようとするととても困難です。また、尾行をして決定的な証拠を押さえようとしても、ルクアで見失ってしまうことは多く、そのことからもデート場所に使われるわけです。

ルクアにいることがわかっても、どこにいるのかがわからない、さらにはどの出口から出てくるのかもわからない。このような状態になってしまうと、一人でどうにかできる問題ではなくなってしまいます。

素人が浮気調査をしようとしても難しいどころか専門家でも手を焼く場所なのです。普段から何気なく利用している人が多い場所ですが、意識して人を追おうとするとその大変さに気づきます。そして梅田には、このような施設がたくさんあるのです。

梅田駅(地下街)

梅田駅の周辺は多数の飲食店があり、駅周辺にはタクシー乗り場があることも含め、さまざまな移動手段を使えます。デートに使うというよりもその途中で利用されることが多い場所ですが、問題なのは駅というよりも地下街です。

梅田駅の地下街は、慣れた人でもかなり混乱する構造をしています。観光客など慣れていない人が行くと、どこから地上に出たら良いのかわからなくなってしまうほどです。それだけ入り組んだ場所なので、浮気や不倫相手と会う場所としては効果的になります。

さらには大きなデパートや百貨店に直結しているという特徴もあるので、梅田駅で見かけたからと追いかけてもいつの間にか見失ってしまうことはよくあります。

人が多い場所は浮気場所として使われにくいと言われていますが、人が多いのですぐ人混みに隠れられるというメリットもあるのです。そのため、人が少ないところへ行くよりも、開き直ってこういう場所で浮気相手と会っている人は多いのです。

グランフロント大阪

梅田駅北側にあるグランフロントは、複合商業施設なのでデートに使いやすいのですが、それだけではなく張り込みや尾行をしづらい場所としても有名です。

多くの施設がある中、オフィスフロアやマンションフロアなどを使われると、そこから進めず見失ってしまうことが多いのです。しかも梅田駅直通でありながら地下には駐車場があるので、どの交通手段を使うのかが事前にわかっていなければ、この時点で追いかけるのも難しい状況になりかねません。

商業施設として日本でも最大級の広さがあり、単純にデートを満喫できるだけではなく見つかりにくい。しかも交通の便は良く、どの交通手段を使うのかもわかりにくい。これだけ好条件がそろっているのですから、浮気や不倫で使われる場所として選ばれることにも納得できます。

梅田駅周辺は、さまざまな施設につながっており、地下だけではなく地上もかなり入り組んでいます。普段から利用していても迷うことがあるくらいなので、遠出はせずにこの近辺でデートをしてしまうことが多いのです。誰にも見つからずにほかの場所へ行ける拠点というのは、それだけ使いやすい場所と見られます。

梅田で浮気・不倫現場を押さえるのは素人だと難しい?

ここまで紹介したことからもわかるように、梅田は駅周辺だけでデートスポットとして十分に使えます。しっかりと楽しめて、見つかりにくく追いかけられにくいので、気楽に利用している人も多いです。

しかも梅田はラブホテルが密集しているので、浮気相手と不貞を働く場合も特定しにくいメリットがあります。ラブホテルではない一般のホテルもかなりの数があるので、ちょっと変装をしてしまえば誰にも見つからずにデートができてしまうわけです。

このような状況の中で、素人が浮気の証拠を押さえようと尾行をしても成功する可能性はかなり低くなります。それこそ発信器とまでは行かなくても、GPSをどこかに仕込んでいれば話は別かもしれませんが、地下に入られたらそれも難しいです。

これらのことを踏まえて梅田で浮気調査をするなら、専門家に依頼する方法がいちばんです。しかも少人数ではなく、なるべく多くの人数を動員してもらうことが前提での依頼になります。

2〜3人での調査では、梅田ですぐに対象を見失ってしまいます。探偵事務所や興信所もそのことを知っているので、依頼を受けるときには多くの人数での調査を提案してきますが、このことを知らなければコストを抑えるためにと断ってしまう人もいるので気をつけてください。